ピロリ菌の検査・治療には胃カメラが必要?


 

自費診療ではなく、保険診療でピロリ菌の検査や、除菌治療をする場合は、潰瘍の場合は胃カメラ、またはバリウム検査。
胃炎の場合は胃カメラ
での診断が必要です。
胃カメラは苦しいからと敬遠しがちですが、当院では経鼻内視鏡(鼻からいれる)胃カメラ)の導入など、楽に受けることができるよう工夫しております。
当院での
経鼻内視鏡の実際をご覧下さい。

 



鼻からの胃カメラは、口からの胃カメラより、オエッといった嘔吐反射を回避でき、普通に話しをしながら検査を受けられます。
胃ポリープの切除などの処置はできませんが、ピロリ菌検査、病変の良性、悪性を判定する生検検査を行うには、十分な性能を持っています。
 
 

閉じる    HOME